2016年04月17日

出席でも欠席でもない授業

訪問ありがとうございます♪

うちの子がインフルエンザにかかり、
現在は復活しておりますが
今だ鼻だけは、回復せず鼻声で
家ではズルズルしてティッシュが手放せません。

前回書いたように
大学は5日間の出席停止でした。
病院で出席停止&解除の証明書を発行してもらい
登校後の初授業のたびに先生に
欠席理由を報告に行ったそうです。

厳しい先生は
出欠席もかなり重視されるので
必須科目の場合
3回の欠席で、Aはもらえないとか
単位修得にかなり不利になったりする場合があるようです。

なので娘も、必死です(^_^;)

そう言えば、
高校進学や大学進学の推薦をいただくときにも
授業の主欠席ってかなり重視されますよね!

推薦していただく条件に
何日以上欠席すると
推薦できません!なんてのがあるので
高校時代に成績優秀で
かなりレベルの高い大学に推薦の話が合ったお友達も
病気がちだったりして
お休みが多く
推薦していただけなかったお友達がいました。

英米学科なので
英語関係の授業は必須科目があります。
外国人の先生は、結構シビア・・・

どんな理由があろうとも
授業を欠席したことには変わりなく
欠席は、欠席。

そこで需要なのが
「インフルエンザ出席停止&解除の証明書」

ある授業について報告に行くと
日本人の講師と
外国人の講師がたまたま話をしていたので
証明書を見せると
日本人の先生が
「まぁこうやって証明書も持ってきたし・・・」と
相談してくれました。

外国人講師は、
「取り合えず、
私のexcusesにしておいて!」と言ってくださったそうです。

講師による免除とでもいうのでしょうか?

日本人の先生はそれを聞いて
「え?いいんですか?」みたいな反応で・・・

やっぱり、欠席は欠席!ってなるところだったんでしょうね?


「2週間ごとにインフルにはならないだろ?
今後の君の頑張りに期待してるからね!」
というお言葉が付いていたそうです。

2週間ごとにインフルって
先生のアメリカンジョーク?(^_^;)

ま、証明書のおかげで何とかなりそうですね!








訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

posted by あんこ at 11:46 | Comment(0) | 大学入学後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

インフルは学校感染症

訪問ありがとうございます♪

インフルエンザに罹ったうちの娘。
熱は平熱になりましたが、
風邪のような症状が残っています。

それでも、新学期は始まったばかりなので
とりあえず大学の授業に出席したいらしいです(^_^;)

ただインフルエンザは、学校感染症とやらになっていて
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで
出席停止だそうです。

医師に学校感染症と診断された場合は、学校にその旨を届け出ることにより、出席停止となる。
ただしこの場合、診断書の提出が必要となることもある。
また出席停止となった後は、
医師により感染の恐れがなくなったと診断されれば出席停止が解除され登校が認められる。
この際には、医師により感染の恐れがなくなったことを証明する書類が必要となることもある。

ウィキペディア「学校感染症」より

ということで
出席停止の解除の証明書をいただく為、
またまた本日病院に行ってまいりました!
やはり熱が出てから5日間は出席停止と言われ
明日まで学校を休むように言われました。
それでも学校提出用の
「学校感染症の診断書および証明書」というものを
発行してくださいました。

一般的な診断書なら有料だと思いますが
こちらは学校提出用で様式も決まっているらしく
証明書発行については、特別お金はかかりませんでした。

新学期早々、サボっていたわけではないよ、という証明ですね(・。・)

この数日間、勉強どころではなかったので
仕方がないけど
この証明書があるから
どうのってもんでもないらしいですけどね。

大学の講師それぞれの判断ですので
そこらへんは娘もびくびくものです。
成績が抜群によければ
1,2回授業休んだって問題ないと思いますが
単位をぎりぎりで取れたと思う、なんて講義もあるので
出席重視の授業では
かなりの痛手かもね〜(^_^;)

がんばれ〜うちの子!(*^_^*)







訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

posted by あんこ at 23:44 | Comment(0) | 大学入学後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする