2015年11月06日

母校へ

訪問ありがとうございます♪

大学は学園祭の季節です!
学園祭の季節は
大学の授業はない・・・ですね。
サークルのことはよく分からないのですが
所属しているサークル(?)では、
全員が出し物に参加しなくてもよいらしく
娘は学園際の間、自由を満喫。

春に卒業した高校へ行って
カンボジアでの経験を
高校の後輩たちへ発表する
報告会をさせていただく事は出来ないか
聞きに行きました。

インターンシップの団体でも
報告と言うか発表はしていたので
特に気負いもなく
学校の許可が取れれば
放課後の自由時間に
参加自由の気楽な報告会ができればいいな〜という感じです。

後輩たちにも
留学だけが海外へ行く方法ではないし、
色んな方法があることも知ってもらいたい。

発展途上国の人々とも英語を使って触れ合え、
なにより今まで英語は自分が学ぶ側だったのですが
(もちろん現在も学ぶ側だけど)
今回は子どもたちに英語を教える側として海外に行った
という充実感や達成感があるみたいで、

後輩たちにも
色んなことを伝えたいらしいのです。

プリントした写真を持って行ったので
何人もの先生やシスターに見ていただいていたのですが、

報告会のことは
やはり教頭先生や校長先生の許可が必要なので
取り合えず詳しい話をまとめた文書を提出して
それを見ていただいて
学校として許可が出るか検討するという話になりました。

そんな話の中で
英語科のコミニュケーションの授業がその日にあり
とてもいい経験をしてきたので
その授業の中で英語で簡単に、発表していけば?と言われて
突然、高校の授業の時間を30分ほど使わせていただいて
英語での報告をしてきたそうです。

中にはまだ英語が完璧ではない後輩もいて
???という反応の後輩もいたそうですが
娘の担任だった先生も聞きにきてくださって
とてもうれしそうに聞いてくださったそうです。

これから年末にかけては
高校も行事が目白押しで
高校生も忙しい時期になりますので
報告会が出来でもまだまだ先の話になりそうですが
実現できるように応援したいと思います♪






訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

posted by あんこ at 16:34 | Comment(0) | インターンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

キリング・フィールド

訪問ありがとうございます♪

娘がカンボジアで撮ってきたきた写真のデータの一部を
プリントしてきました。
一部と言っても、150枚ほど・・・(^_^;)

その中で、骸骨の積み上げられた写真がありました(>_<)

俗にいう「キリング・フィールド」
「ポル・ポト政権下のカンボジアで、大量虐殺が行われた刑場跡の俗称」だそうです。
今は
「トゥール・スレン虐殺犯罪博物館」

そこに行っていろいろお話を聞いてきたそうです。
「そのあたりでは、雨期になって土が流されたりすると
人の歯がいまだに出てきたりすることがある、って聞いた〜(>_<)」

想像もできないくらいの人々が殺されるっていう現実があったんですね。

カンボジアって、国民の70%が30歳以下なんだそうです。
(娘が聞きかじった話なので噂位に思っていてください。)
当時の現実が現在にもすごく影響を与えているんですね。

娘がインターンとして英語を教えていた学校も、
20代の先生ばかり。
都市では
おじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんと言われる
年代の方々は圧倒的に少なく感じたそうです。

いろんな国に行くことで
そう言った現実を肌で感じているらしいうちの娘。

学校に行くことだけが勉強じゃないんだな〜って
娘を見ていて思いました。







訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

posted by あんこ at 15:30 | Comment(0) | インターンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする