2014年07月24日

高校生の交換留学

訪問ありがとうございます♪
実は、娘が帰国してからすぐに、
現在高校2年生の後輩(当時高校1年生)に
「私も先輩のように1年留学をしたいんです!」
と相談を受けたことがありました。
相談と言っても
自分の経験を話すことぐらいしかできないんですけど・・・

留学したいと言っていた後輩はどうなったの?と
聞くと・・・・
「無理だって〜、
大学で海外留学を目指すって言ってるよ。」

いちばんの問題は、資金面。
娘の場合、交換留学といえど、
150万前後のプログラム費に加えて、
出発前の健康診断や書類申請、
東京でのオリエンテーションにかかる交通費、
留学の学費
(基本的に無償ですが、教科書代、制服代や自由参加の研修代など)
留学中の生活費
(光熱費や食費などはホスト負担ですが外出時は自分で負担)
などで、
200万前後かかりました。

留学支援の団体によって必要な金額は変わります。
「ロータリー財団」の交換留学などは
かなり費用が抑えられるようです。

344.JPG

だから後輩も
「ロータリー財団の試験を受けたい」と
担任の先生に相談したらしいんです。

ロータリー財団の留学期間は
基本8月出発の翌年6月頃帰国というパターンらしい。
そうすると
高校2年生で試験を受けて、
出発が高校3年生の夏で
娘の高校は留学中は休学扱いになるため、
翌年の6,7月に帰国すると
一学年下の高校3年生のクラスに入ることになります。

もう、その頃って
自分でほとんど進路を決定しなければならない時期です。
大学を決めるうえで
その頃の成績もかなり重要です。

なので、時期が悪すぎる・・・と
担任の先生に反対されたらしいです。

娘の場合は
高校2年生の春に留学をめざし、
別団体の試験を受けて
翌年1月出発でその年の12月初めに帰国。
一学年下の高校2年のクラスに入り、
高校2年生の冬だったので
そこから模試をうけたり
受験勉強の方もなんとかこなしています。

高校3年生で帰国するってことは
よほどそれまでの成績もずば抜けていて
進路がほぼ決まっている場合などを除いて
難しいのかもしれません。

そういえば娘の高校に6月までいた、
アメリカ人の交換留学生の女の子は
大学に合格して進学を決めてから、
留学に来ているので帰国後はすぐ大学生。

留学時期についての関連記事
交換留学の時期

高校生で留学を目指す場合は
進学が課題ですね。

娘の場合は、そういう意味でも
本当に運が良かったと感謝しています。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

posted by あんこ at 11:46 | Comment(2) | 交換留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

交換留学試験

訪問ありがとうございまするんるん
昨日の新聞で、久しぶりにTOEFLという文字を見ました。
「官僚採用にTOEFL]という見出しでした。
昨年、交換留学の説明会に参加して
初めてこのTOEFLというものを知りました。
交換留学の試験では、
TOEFLの試験を採用されている業者が多いみたいですね!
昨年のことを思い起こすと、
4月に交換留学の説明会に行って
この試験を受けて貰いますから勉強してください。
なんて言われ、問題集を買い込んだりして、
娘が慌て始めました。
留学してみようと思ったのが、4月入ってからなので
交換留学の試験を受けるための勉強なんてしたことなかったので
娘はかなり焦っていた模様ですあせあせ(飛び散る汗)
ところが、勉強もままならないうちに、
面接&試験を受けることになってしまいましたexclamation
まぁ、この辺はいろいろと事情があるので
省かせていただきますが・・・
某交換留学の業者様から、
面接の時に試験も受けてくださいと連絡をいただいたのです。
母は、二つ返事でOKしてしまったのですが、
それを知った娘はかなりショックだったようです。
ほとんどTOEFLの勉強をしてなかったからです。
問題集買ってペラペラ見たくらいだと思います。
4月上旬にオーストラリア語学研修から帰国して、
学年が上がり、英語授業も数段難しくなっていて、
授業すら難しいのにTOEFLの試験なんてできるのか、
授業中にメソメソしたこともあったようですが、
それを知ったクラスメイト達が応援してくれて
かなり励みになった様子でした。
最後は、なるようになるさってことで、
家族で面接&試験に臨んだのでした(*^_^*)
親も面接あったんですよね〜るんるん
でも、担当の方がとても気さくな方で
とても親しみやすくて
「普通お父さんは、娘さんの留学をとても心配されるものですが
 心配じゃありませんか?」
という質問に、主人は・・・
「本人が、行きたいって言うんだからしょうがないですよね」
なんて答えていました。
ちなみに父&母は、英語にはかなり弱く
新婚のころ行ったシンガポールでホテルでも全く英語が通じずに
お互いに通じないのをバカにしあってケンカした覚えがあります(^_^;)
娘よ、留学して英語を身につけてね黒ハート
にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
にほんブログ村
訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加中♪

スポンサーリンク

タグ:TOEFL
posted by あんこ at 01:25 | Comment(0) | 交換留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする